背中ニキビ

背中にできたたくさんのニキビを直す方法

20代で苦労した背中ニキビ

中学時代から三十路手前まで、ずっとニキビに悩まされました。顔はもちろんですが、20代後半になって苦労したのが背中のニキビ。なんか背中がかゆいな〜と思って鏡に映してみたら、アラ大変! 背中にたくさんニキビができているではないですか!

 

しかし背中となると、ニキビ用クリームなども思うように塗れません。まずは清潔にしなくては! と、背中洗いブラシなどを買ってゴシゴシ洗ってみましたが、あまり効果がなく、そのうち背中じゅうに小さな花びらを撒いたように赤いポツポツが広がってしまいました。

 

20代後半といえば、オシャレしたい盛り。夏はタンクトップを着たいし、プールやビーチでは水着になって楽しみたい。結婚式に招待されたら、背中の開いたドレスも着たい。でもでも、背中いちめんのニキビを見られてしまうのは絶対に避けたかったので、我慢せざるを得ませんでした。

 

原因は仕事による不規則な生活とストレス、栄養バランスの取れていない食事が主だったのではないかと思います。30代に入って生活を少し変えたら、自然に治りましたから。若くても無理をすると、こんなところに影響が出てしまうのだなと感じました。

 

ニキビをつぶすと跡が残ってしまいます

異性の目を意識し始め、初恋などの思い出のある10代のころは、ニキビがたくさんできました。「おもい、おもわれ、ふり、ふられ」など、顔にできるニキビの場所によって、そんな区別があったのですが、全部当てはまってしまうこともありました。

 

赤くふくらみ、痛痒いニキビが気になって仕方がありません。特に表面にぷくりと白い膿を持つと、ニキビから目が離せませんでした。ネットもなく、情報網もあまりない田舎では、ニキビなどで医者にかかる人もいなくて、薬局に行く人もいませんでした。今とはだいぶ違います。

 

ですので、中学生も高校生も皆ニキビだらけの顔をしていました。どうすればニキビの予防になるのか、皆あまり知識もありませんでした。そんな中、私は気になったニキビをつぶしてしまう癖がついてしまいました。白い膿が出てしまうと、痛痒いのも消えてすっきりするのです。でも、痛いツケが待っていました。つぶしたニキビは、皆ニキビ跡が残ってしまったのです。今も、でこぼこなニキビあとは化粧でも消えず、私の後悔のもとです。

 

リンク集

顔のぽつぽつ
おすすめの保湿クリーム