ドモンカッシュの名言や必殺技について!生い立ちやその後も気になる!

ドモン・カッシュは『機動武闘伝Gガンダム』の主人公です。それまでのガンダムのキャラとは違った熱い人物で、強烈なインパクトを残しています。

今回はそんなドモン・カッシュについての紹介です。

ドモン・カッシュが登場するGガンダムを無料で見てみたい方は、こちらのmusic.jpでお得に見てみてください。

Gガンダムを無料で見てみる

使用MS一覧

ドモンの搭乗機体は、

  • シャイニングガンダム(1~23話)
  • ゴッドガンダム(23~最終話)

以上の2種類のみです。

どちらもドモンの流派東方不敗の技を遺憾なく機体です。

ドモン・カッシュの人物像

<基本データ>

年齢 20歳

身長 180センチ

体重 78キロ

血液型 O型

特技 武道全般

ネオジャパンコロニー所属のガンダムファイターです。

右手にコロニー格闘技の覇者たる証「キング・オブ・ハート」の紋章を持っています。

必殺技について

また必殺技はシャイニングガンダム搭乗時には

  • シャイニングフィンガー
  • シャイニングフィンガーソード

ゴッドガンダム搭乗時には

  • 爆熱ゴッドフィンガー
  • 爆熱ゴッドスラッシュ
  • 超級覇王電影弾
  • 石破天驚拳
  • 石破天驚ゴッドフィンガー

など、数多くあります。

またシャッフル同盟5人が力を合わせて放つ

・シャッフル同盟拳

最終話でレインと力を合わせて放った

・石破ラブラブ天驚拳

などの合体技も存在します。

ドモン・カッシュの家族について

父親はライゾウ・カッシュ。

母親はミキノ・カッシュ。

兄はキョウジ・カッシュです。

ライゾウはネオジャパンの科学者で、キョウジはその助手をしていました。

ドモン・カッシュの生い立ち

優秀な父と兄に反発して家出をし、東方不敗マスターアジアの弟子となり、流派東方不敗を体得しました。

家出から10年ぶりに故郷のネオジャパンに帰ります。

ライゾウは地球環境再生のために「アルティメットガンダム」を製作しますが、キョウジが兵器として利用して暴走し、「デビルガンダム」となります。

この際に母は死亡し、デビルガンダムは地球に落下します。ライゾウには国家反逆罪で永久冷凍刑に処されます。ライゾウを救い、デビルガンダムを奪還するために、ドモンはガンダムファイトに参加します。

そのため、当初は兄・キョウジに強い敵意を示し、キョウジの写真を見せて居場所を尋ね歩いていました。

<性格>

寡黙でぶっきらぼうな性格ですが、戦いの時には熱くなります。

序盤こそ不器用で身勝手な行動も多かったのですが、ライバルとの戦いを通して成長していきます。

<仲間>

サポートクルーであり幼馴染のレイン・ミカムラとは、終盤で結ばれます。

ドモン・カッシュの仲間について

またライバルであり、後に仲間となる人物も多くいます。

  • ネオアメリカ チボデー・クロケット
  • ネオチャイナ サイ・サイシー
  • ネオフランス ジョルジュ・ド・サンド
  • ネオロシア アルゴ・ガルスキー

この4人は戦いますが、シャッフル同盟として強い絆で結ばれていきます。

一度は戦いますが、ドモンに好意を持って接してくるネオスウェーデン代表のアレンビー・ビアズリーは、レインの気持ちを揺るがす存在となっています。

また様々な助言をしてくるネオドイツ代表のシュバルツ・ブルーダーも重要な仲間です。

流派東方不敗の師匠であるマスター・アジアとは、作品を通して激突していく最大の敵であり、親子のような深い絆で結ばれています。

アニメ名シーン・名セリフ

ドモンはTVアニメ『機動武闘伝Gガンダム』のみに登場しています。

彼の名セリフをピックアップしてみました。

なお、機動武闘伝Gガンダムのアニメは動画配信でお得に見ることができます。こちらのmusic.jpであれば、30日間の無料トライアルがありますので無料でアニメ作品を大量に見ることができます。

Gガンダムを無料で見てみる

『俺のこの手が光って唸る!お前を倒せと輝き叫ぶ!』

これはドモンがシャイニングフィンガーを放つ際の決めゼリフです。

爆熱ゴッドフィンガーの際には「この手が真っ赤に燃える」と変化します。

また後半の部分も「師匠を倒せと輝き叫ぶ」や「勝利を掴めと轟き叫ぶ」などの変化形もあります。

『流派東方不敗は王者の風よ!全新!系裂!天破侠乱!見よ、東方は赤く燃えている』

流派東方不敗の同門の徒にあった時の挨拶のようなものです。マスターアジアと拳を交えながら互いに言い合うシーンがありました。

『拳から深い悲しみが伝わってくる。東方不敗の拳が泣いている』

マスターアジアとの最終対決の際、ダークネスフィンガーとゴッドフィンガーが激突した時に、師匠の悲しみを拳から受け取った時の言葉です。

また名シーンを以下にピックアップしてみました。

<第1話>

指を鳴らしてガンダムを呼ぶシーンは、今までのガンダム作品にはない演出でした。ガンダムファイターやガンダムファイト、モビルファイターを印象付けたシーンと言えます。

<第23話>

マスターアジアの搭乗するマスターガンダムとほぼ互角の戦いを繰り広げました。しかしわずかに及ばず、満身創痍のシャイニングガンダムを降り、新たにゴッドガンダムへと乗り込みました。

レインの遠隔操作によってシャイニングガンダムから戦闘データを移す事で、ゴッドガンダムは起動しました。

<第45話>

マスターアジアとの最終対決です。仲間が見守る中、お互いに奥義を尽くした戦いを繰り広げます。

「人類抹殺による地球再生」を目的とするマスターアジアに「人類も自然の一部であり、共に生きる人類の抹殺は愚の骨頂」と否定し、石破天驚拳の打ち合いの後に石破天驚ゴッドフィンガーで彼を撃破します。

朝日を見ながらマスターアジアと涙を流しながら流派東方不敗の挨拶を交わし、腕の中で師匠を死を見届けます。

<最終話>

ネオジャパンコロニーを取り込んだデビルガンダムは、すでにレインと同化していました。アレンビーの激励もあり、ドモンはレインに想いを伝えると、レインはデビルガンダムから解放されました。石破ラブラブ天驚拳によってデビルガンダムを撃破すると「ガンダム・ザ・ガンダム」として地球へ凱旋します。

ドモン・カッシュ考察

初登場時に成人しています。これはTVシリーズのガンダム作品では初の設定です。

本編の後日談を描いた漫画版において、ドモンの一番弟子としてユウゴ・カガミが登場します。

『ガンダムビルドファイターズトライ』の主人公カミキ・セカイの拳法「次元覇王流」の師匠として、ドモン・カッシュそっくりな人物がシルエットで登場します。しかし、セリフは無く、正式名称も明らかにはされていません。

『スーパーロボット大戦』シリーズにおいて、他作品の格闘家キャラと仲が良いという描写がされています。

『GGENERATION』シリーズにおいては∀ガンダム』のギム・ギンガナム操る「ターンX」の溶断破砕マニピュレーター「シャイニングフィンガー」とのフィンガー対決のイベントが用意されている事があります。