マキブONの負け試合から学ぶフルクロスを使った勝ち方講座

こんちわっす、ゆーすけあんさーです

ちょっと前に勝ちリプレイの見方という記事を書きましたが今回はその逆の負けたときのリプレイの見方を解説していきたいと思います。

勝ちリプレイより負けリプレイのほうが反省点が多い試合ということで直すべきところが勝ちリプレイよりも多く見られると思います。勝ちリプレイを見て気持ちよくなりつつ、適度に負けリプレイを見て反省点を見つけ出し、今後のプレイはどのようにしていけばいいのか考えるとかなり成長できると思います。

負けリプレイから学ぶ解説

今回は自分のチャンネルに張ってあるこの動画から見ていきましょう、ちょっと古い動画でナイチンダブゼが下方される前の動画になります。

開幕、こちらの作戦はフルクロスが両開放でナイチンを追ってスサノオがトランザムでダブゼを追うという作戦でした。

0:36 両開放中にナイチンを上手く捕まえられずに焦ってしまい、切れる寸前にN格闘をぶっぱしましたが外れ。マントのおかげでダメージは受けませんでしたがここはまだお互いノーダメなので焦らずにマントを維持したまま終わらせたかったところですね。

 

1:00 ダブゼのサブで安いダメージからでしたがダウンを取られてしまいそのまま起き攻めのプレッシャーまでもらってしまいます。生状態なのでサブ程度であれば仕方のないと思えるのですがそのまますぐに起き上がらなかったせいでプレッシャーをいい位置で発動され起き攻めをもらってしまいます。相手のダブゼの位置をしっかりとレーダーで確認して起き攻めしそうな状況だったのですぐに起き上がらなかったのがまずい点でしたね。生時なのでそういった起き攻め系の武装は当たりやすくなってるので普段よりも早めの判断が必要だなぁと考えられます

 

1:23 両開放中にそこそこダメージが取れ、ナイチンを起き攻めした場面ですが相手の起き上がりのBD格闘に当たってしまい逃げられてしまいます。起き上がりBDを警戒しての上昇BRだったのですがあの距離だと先にナイチンのBD格闘が当たってしまうので次からはもう一歩距離を離すか先に上昇しなければならないということがわかりました

 

1:58 ナイチンを落としダブルゼータを方追い出来る状況でダメージを与えられずに逃がしてしまいます。ここはナイチンゲールが落ちているのでもっと積極的に攻めるべきでしたね。状況的にもこの段階で負け寄りの試合なので多少リスクを犯してでもダメージを取りにいくべきでした

 

2:9  両開放中にも関わらず、甘い着地をナイチンにBRを刺されて落とされてしまいます。1機体目の覚醒を負けをひっくり返すために低体力で使ったのであればここは死なないように立ち回ってシールドを2,3回して落ちた後に覚醒をしっかりと貯められるように立ち回るべきでしたね

 

2:47 体力が残っているダブルゼータの前ブーメインに刺されて敗北。最後の状況から勝ちを掴むルートとしてはあそこでダブルゼータを両開放中であれば裁けるのでしっかりと捌いて残りの両開放の50カウントでナイチンにスサノオと方追いで1回ダメージを与え、ナイチンは逃げるので起き上がったダブルゼータにダメージを与えて倒してそのまま覚醒が溜まればでナイチンゲールに格闘をねじ込めれば勝ち。というルートがありますがかなりきっついルートですねこれは、マギも勝率3%以下とか叩きだしますね、でも0%ではないです。全体的にダメージを与えられる有利な状況でも上手く捌かれてしまったのが敗因です

基本的にはダメージを受けたとき、どんな状況でどうすればよかったか。というのをしっかりと理解して反省するのが一番いいと思います。ここでしっかりと状況が理解出来ていれば次はどうすればいいのかも考えることが出来ますからね。

試合が終わったあとは相方としっかりと話し合うのも大事ですね、自分たちはこの試合のあとにスサノオがナイチンゲールに行ってフルクロがダブゼにいったほうが捕まえやすかったのでは?ということと、スサノオがE覚醒のあともっと粘ってから落ちたかったということを話した記憶があります

リプレイ1試合だけでもこれくらい考えることが出来ます、帰る前にちょっとでもリプレイを見てみるとかなりの成長が出来ると思います!