フォウ・ムラサメの最期について!名言セリフや搭乗機についても

フォウ・ムラサメについて

フォウ・ムラサメは「Zガンダム」に登場する強化人間のひとりです。

地球連邦軍の「ムラサメ研究所」において、強化人間として体を改造された女性で、軍の階級では少尉です。

年齢は作中で明らかにされていませんが、関連書籍等では16歳されています。

テレビアニメ版の第36話でカミーユが見たフォウのデータは、宇宙世紀0071年の6月29日生まれになっていました。また富野監督の小説版では20代の前半か20歳前後というような描き方をされています。

軍属前の経歴としては、一年戦争によって戦災孤児となり、その後ムラサメ研究所に引き取られています。

フォウ・ムラサメという名前は、「強化人間」になるための改造で名前までを含めた過去の記憶を失った彼女にムラサメ研究所が与えた仮名で、つまりムラサメ研究所の4番目の改造人間という意味になります。

ちなみに、本当の名前は以降のあらゆる作品でも明らかになっていません。

フォウ・ムラサメの使用MS一覧

MRX-009 サイコガンダム

名言や名シーン

「今の施設で4番目だったから、フォウなの。ナンバー・フォウ。」

「お互いの居場所に戻りましょう、ここはあなたにはふさわしくない 」

「カミーユ、宇宙へ…さよなら… 」

「カミーユ…悲しまないで、これであたしはいつでも貴方に逢えるわ。本当に貴方の中に入る事が出来るんだから… 」

劇中での登場シーン

自分が誰かわからない事に悩んでいて、「記憶を取り戻したい」と苦しんでおり、ティターンズから実践で戦果をあげれば失った記憶を戻してやると言われ、ホンコン・シティでサイコガンダムに搭乗しカミーユのガンダムMk-IIと戦います。

ホンコン・シティではカミーユと生身で会う内にいい関係となり、戦闘中においてもサイコガンダムのコックピットの中で会話をしています。

その際のカミーユの言葉にうたれ、カミーユが宇宙に帰らなければならないと知ると、捨て身の覚悟で大型輸送機にあったシャトルブースターを飛ばすことで、カミーユの乗ったガンダムMk-IIを宇宙に送ります。その際、大型輸送機の爆発で命を落としたと思われていました。

しかし、テレビアニメ版ではその後がありました。

エゥーゴ&カラバのキリマンジャロ基地攻撃作戦で、再び地球に降りたカミーユの前に、以前より強化の洗脳が進んだ状態でサイコガンダム2号機と共に現れました。

カミーユとの遭遇の前に、かなり苦しそうに強化手術を受けているシーンがあります。

カミーユの説得で心を取り戻した矢先に、ジェリド・メサのバイアランがZガンダムを攻撃、その攻撃からカミーユをかばう形になって死亡しました。

ティターンズに利用されつつも健気に生きて、想いを寄せていたフォウの死は、カミーユの心に大きなダメージを与えました、近くにいたアムロとシャアには、ララァ・スンが死んだ7年前の記憶を想い起させ、「人は同じ過ちを繰り返す」とつぶやきました。

最終回のカミーユとパプテマス・シロッコとの最後の戦いにおいて、ほかの仲間の死者たちと同じく思念体として登場し、カミーユを助けています。

ZZガンダムのラスト、ジュドー・アーシタとハマーン・カーンの戦いにおいても同じように思念として現れてジュドーのサポートをしています。

フォウを強化人間にした「ムラサメ研究所」とは?

フォウのような強化人間を製造していたムラサメ研究所とはいったいどんな施設なんでしょうか。

まず、ガンダムシリーズでは物語の重要なキーワードとなっている「ニュータイプ」を研究している軍事機関が数多く存在します。ムラサメ研究所は、通称「ニタ研」ともいわれているそのニュータイプ研究所のひとつです。

ムラサメ研究所は日本にある地球連邦軍のニュータイプ研究所で地球連邦軍ニュータイプ研究所として最も古い研究所のひとつです。

ムラサメ博士やローレン・ナカモト博士。ナミカー・コーネル博士も在籍しています。北アメリカはジョージア州のオーガスタ、クラークヒル湖畔にある「オーガスタ研究所」や、ティターンズの「グリプス基地」とは深い関係があります。

「サイコミュシステム」の小型化ができなかったため、一般的なモビルスーツの2倍以上もの大きさの可変モビルアーマー「サイコガンダム」シリーズの開発をしています。

ムラサメ研究所で開発した機体には「MRX」という型式番号がつけられています。地球連邦軍では初の強化人間の研究や開発をしていて、その中の4番目の強化人間がフォウ・ムラサメということになります。

ちなみに、ゲーム「ギレンの野望」では、「ゼロ・ムラサメ」というゲームのオリジナルキャラクターが登場しています。

フォウの最後、再登場は本当はなかった?

フォウとカミーユのストーリーは、ホンコン・シティでの話はよかったものの、再登場のエピソードにどこか違和感を覚えたことはないでしょうか?

ホンコンでカミーユを打ち上げるため大型輸送機のブースターを使ったフォウでしたが、このとき大型輸送機が爆破したため、最後がどうなったのか気になった人が多かったでしょう。

富野監督によれば、フォウは当初のテレビシリーズの構想では第20話の「灼熱の脱出」において捨て身でカミーユを宇宙に帰し、そのまま死なせるつもりだったそうです。

ただ、この話でフォウを死なせるとストーリーが1年間続かない事に気付き、輸送機の爆発で生死不明という形にしておき、第35話の「キリマンジャロの嵐」で再び登場させています。

つまり、ホンコンでのフォウの最後は、大型輸送機が爆発したものの生死は不明という形だったのですね。

劇場版では、ブースターの射出を阻止しようよしたベン・ウッダーが銃でフォウを殺害したため、キリマンジャロでの再登場はなく、当初の構想に忠実な話の流れになっていました。

ちなみに、小説版ではジェリドに刺される前に脳死していたという描写になっています。

フォウの劇場版における声優変更について

フォウ・ムラサメも、リニューアルされ公開された劇場版Zガンダムに登場しています。

ただし、フォウの声優には変更がありました。

テレビアニメ版のZガンダムのフォウの声優は島津冴子さんでしたが、劇場版Zガンダムのフォウはゆかなさんがフォウ役を引き継いでいます。

この劇場アニメ化では、テレビ版から20名以上の大幅な声優変更があり、フォウ役についても変更されています。

この声優変更の件について、島津さんは公認ファンサイトで手記を公開し、音響監督の藤野貞義氏が連絡がとれなかったのでオーディションが受けられなかったなどの細かい説明がありました。

手記では富野監督は「フォウは冴子」「残すキャストの中にフォウもあった」と言っていたということでしたが、富野監督は「Ζガンダム」をリニューアルするにあたって、これを復刻映画にするつもりはなく、主人公のカミーユ役の飛田展男氏さえオーディションによって選び直した」

「アムロやシャアも入れたキャスティング総入れ替えも考えていた」

「キャラクターのバランスを考え、フォウやサラ等には若い声を必要とした」

という内容を自身の説明によってしています。