ジェリド・メサはニュータイプ?名言セリフや搭乗機・最後の言葉の意味

ジェリド・メサとはどんな人物?

ジェリド・メサはZガンダムに登場する、ティターンズ所属のモビルスーツパイロットです。カクリコン・カクーラーやエマ・シーンと同期で、階級も彼らと同じ中尉です。

年齢は24歳ですが、物語の開始時から主人公のカミーユ・ビダンとささいなことがきっかけで問題を持つようになり、その後最後まで何度も対峙しました。

その際、カミーユを追い詰めたこともありましたが、常に邪魔が入る等で倒すことができずにいたので、カミーユが自分の「壁」と思うようになり、そのことにこだわりすぎたため自分の人生を大きく狂わせることになりました。

生い立ち等については本作では不明ですが、ゲームブック等では、宇宙世紀0063年、アメリカ南部の軍人一家に生まれて、0086年の8月に士官学校入学時における適性テストによって好成績だったことからティターンズに選ばれ、その後は6ヶ月もの訓練の後に、ガンダムMk-IIパイロットの候補となったとされています。

物語の序盤ではカミーユのライバル格でしたが、前作のシャアのような傑出したパイロット能力はなく、腕利きのパイロットであったライラ・ミラ・ライラに教えを請うなどしてカリスマ性もありませんでした。

後半ではシロッコがカミーユのライバルとして登場したため影が薄くなりましたが、ジェリドは歴代のガンダム全作品の登場人物において、「最も多くのモビルスーツを乗り継いだキャラクター」となっています。

ジェリド・メサの搭乗機MS一覧

RX-178 ガンダムMk-II

RMS-106 ハイザック

RMS-117 ガルバルディβ

RMS-108 マラサイ

RX-110 ガブスレイ

RX-160 バイアラン

NRX-055-2 バウンド・ドック

名シーンや名セリフ

「カミーユ…女の名前なのに…なんだ男か」

「ティターンズは力だ!力があってこそ全てを制するんだ! 」

「俺はカミーユを倒さない限り、一歩も先に進めない男になっちまった…あいつは俺にとって、壁なんだ! 」

「君の背景の事情などはいい。今眼に見えている時代を突破すれば、いつか背景にある事情も変わってくる」

ジェリドの性格

ジェリド・メサの性格は、元来のプライドの高さにティターンズの選民的反スペースノイドの影響を受け、地球連邦軍の兵士および民間人にも無礼な態度をとることがあり、それが物語冒頭のカミーユへの言葉にも現れています。

それ以外では通常のモラルを持っていて、未遂に終わった毒ガスの散布作戦やカミーユの母親であるヒルダ殺害のような作戦に加わったことに罪悪感を持っていたり、カミーユの殺害を躊躇、部下を戦死させたことの責任を感じているといったシーンもありました。

ティターンズ内部の人間に対しては仲間を大事にしているタイプで、カクリコンとは親友同士、マウアー・ファラオとは恋人関係になっています。

しかし、ことカミーユに対しては熱くなってしまうのか、ヒルダ殺害などで自分が間違っていたことをしたとわかっていても、どうしても謝れずに挑発的な態度になることが常でした。

カミーユを挑発し、逆にカミーユから「上官に従うのは軍人の宿命だから許してやるよ」と返されて逆上するものの、近くにいたエマ中尉に諭されています。

見た目の通りという感じの野心家の一面があり、最終的にティターンズを自分の手にしたいという野望を持っていました。ただ、シロッコ側についたヤザン等とは違って、最後までティターンズに対する強い帰属意識を持って戦っています。

ジェリドのパイロット能力は?実はニュータイプ?

パイロットとしてのジェリドは、上層部からは戦場での「しぶとさ」を買われてデータ収集役として最適なテストパイロットとみられていた説もありますが、ニュータイプ/エースパイロットとしての素質はあるともされています。

ネットなどにおいてのZガンダムのパイロット話では不甲斐ない面が語られることが多いジェリドですが、カミーユと絡まない戦いではエゥーゴの機体を撃墜していて、名前があるパイロットとしては腕利きの部類であったシャアの部下のアポリーも撃破しています。

マウアーと関係してからはそのサポートの効果からか冷静さも見られ、アーガマを何度か追い詰めたこともあります。カミーユとの戦闘でも、一方的にやられている事はほとんどなく、バイアランの「スラスター放射」でグレネードを撃墜したというシーンもありました。

また、「オールドタイプは失せろ!」という、自らのニュータイプ性を意識していたというセリフもあり、小説版では最後にニュータイプ部隊に編入され、ニュータイプ専用機の「バウンド・ドック」に搭乗してカミーユと戦いました。

聞き取れない最後のセリフは?

ジェリドといえば、最後のカミーユとの戦いで、なにかの言葉を叫んで爆死したということが有名となっています。

この最後の言葉がバウンド・ドックの爆発によって聞き取れないため、なにを言ったんだろうと思っていた人もいるでしょう。

「カミーユ、貴様は俺の…!」の後が爆発で聞こえないセリフだったのですが、富野監督によればその後は「すべてを奪った」と続く予定だったそうです。

ジェリドは本当は30話で特攻によって死ぬ予定でしたが、制作スタッフのジェリド好きが「最後まで登場させるべき」と主張したため、その代わりにマウアーが死ぬことになりました。

このとき大怪我を負ったジェリドを、ハマーンがジオンのサイボーグ兵にするという予定もあったそうです。