ロラン・セアックがかわいい!名言セリフや声優情報についても

ロラン・セアックとは

ロラン・セアックは、「∀ガンダム」に登場する本作の主人公です。

正暦(∀ガンダム世界の架空の紀元。英語では「Correct Century」)2328年11月2日生まれで、中性的で浅黒い肌・セミロング銀髪・エメラルド色の瞳という、神秘的雰囲気が漂う少年です。

月面居住者である「ムーンレイス」ですが、ムーンレイスより文明が遅れている地球人を見下さず、両者の共存を願っている生真面目な性格です。基本的に温和でやさしく、味方だけでなく敵からも好感を持たれることがあります。身体が弱かったものの、地球で肉体労働をして体力をつけたようです。

ムーンレイスでありながら地球を大事にしていたため、それが双方の人間からは優柔不断とも捉えられることがあり、責められることもありました。

しかし、人の命を大事にしない者なら誰とでも戦うという、強い信念を持っています。

メシェー・クンからは「やる時はやる」と言われている通り、思い切りがいい行動をすることもあります。モビルスーツのパイロットとしては回を追うごとに成長していきます。性格からわかるように、基本的に敵を殺さずに戦闘能力を無くすといった戦い方をしています。

本作では他のガンダム作品のような大規模な戦争がなかったということもありますが、敵をはっきりと殺害したシーンは、マヒローにビームライフルを直撃させてしまったシーン、ズサンをミサイルで撃墜したシーンくらいでした。

∀ガンダムを橋代わりにしたり、胸部に牛を入れて運んだり、放熱の送風を乾燥機にしたり、兵器であるガンダムを作業機械として平和利用のために使っています。

ロランはこれまでのガンダムの主人公の中では珍しく、挫折・葛藤などのシーンがほとんどないのも特徴的です。成長し切った少年という感じで、成長という描写はソシエやキエル・ディアナ等が受け持つことになります。 恋に対しては鈍感で、ソシエからのアプローチに気付かない面がありました。

使用MS一覧

FRAT-L06D フラット

WD-M01 ∀ガンダム

MRC-F20スモー・ゴールドタイプ

ギャロップ

名セリフや名シーン

「地球はとてもいい所だ!みんな早く戻ってこーい!」

「地球は戦争するところじゃないでしょー!」

「僕は二年前に月から来ました。けど、月の人と戦います!だけども、地球の人とも戦います!人の命を大事にしない人とは、僕は誰とでも戦います!」

「∀はホワイトドールと言われて、人々に崇められてきた物なんです!その本体が機械であれば、使い方次第ではみんなの為にだってなります!」

ロランの生い立ちや仲間

ロランの生まれは、冷凍睡眠から覚醒した人間なので、両親に出身地、生年月日も不明です。月の運河において漁をしている「運河人」という下層階級の人たちに育てられていました。

その後、女王ディアナ・ソレルの「地球帰還計画」で地球社会の潜伏調査を2年間して欲しいという募集があり、これに志願して合格し、「フラット」という月のモビルスーツで地球に降り立った時点から物語がスタートします。

共に地球に降りてきたのは、フラン・ドールとキース・レジェというムーンレイス仲間です。

フラン・ドールは15歳での少女で、地球では新聞社の印刷所で働きます。月と地球の戦争では従軍記者になって、戦争を民衆に伝えるために東奔西走します。

キース・レジェも15歳の青年で、地球のパン屋「ドンキー」で働きます。月の「ギンガナム」が侵攻してパン工場が炎上、パートナーとなって妊娠していたベルレーヌが傷つくことでこれと戦うと宣言するも、ディアナたちにパンを作るという「戦い」を続けるべきと気付かされます。

鉱山労働から2年後、ロランは機械に強いことから鉱山王のハイム家の使用人/運転手になります。

ハイム家の姉妹はキエル・ハイムとソシエ・ハイムで、キエル・ハイムは月の女王ディアナと瓜二つで物語りに大きく関わり、ソシエ・ハイムはロランに悪態をつきながらも恋心を抱きます。

宝物は唯一の親の形見というブリキの金魚の「メリーさん」で、肌身離さず常に持ち歩いています。地球の潜伏調査に応募した理由は、この「メリーさんを地球で泳がせたいから」というものだったそうです。

ロランはかわいい!?女装まで

ロラン・セアックの性別は男ですが、その中性的な外見から「かわいい」と視聴者たちから話題になっています。劇中においても、同性であるはずのグエン・サード・ラインフォードからひそやかな好意を寄せられたりしています。

視聴者がロランをそのような視点で見るようになったことは、ロランが劇中で「女装」をしたということも一因ではないでしょうか。

ロランはグエン・サード・ラインフォードの提案で、「ローラ・ローラ」という名前で女装し、ローラはホワイトドール(∀ガンダム)の女性パイロットということが公表されました。

これは、「地球は女性や子供でもモビルスーツ/機械人形を操れる」と示して、交渉を有利にするためにグエンが提案した、政治的プロパガンダの材料ということになります。

第7話の「貴婦人修行」という回では、ほぼ一話にわたってロランの女装エピソードでした。

キエルがロランに淑女の指導をし、元来の華奢な体つきに中性的な顔立ちから、正体を知らない者にはどう見てもまるで女性というくらいの変身を遂げています。

また、グエンはロランが「ローラ・ローラ」になる前から「ローラ」と呼んでいます。グエンはこのことについて「そうだねぇ、彼(ロラン)はローラの方が似合うだろう」と語っています。

ディアナ親衛隊長ハリー・オード大尉は、ロランの女装に気付く前はそれなりに好意があるような描写でした。佐藤茂氏の小説では、このときのハリーの内心描写がありますが、ここでは女装ロランにかなり魅了されています。

女装したロランの潤んだ瞳や香水の香り等に興奮して、その肌の感触を妄想して、殺し文句を囁きな首筋にキスまでしてしまうという入れ込みぶりでした。

月にいたはずのギム・ギンガナムでさえ、ロランを「ローラ」と呼んでいました。月でもローラは有名人になっていたのでしょうか。

あやしい好意を寄せるグエンでなくても、ロランはかわいいと思う男性視聴者も多いようです。

作品についてなにも知らなかった人の場合、ぱっと見では性別がわかりにくいので、「女性かも?」と思ってしまう人もいるかもしれませんね。

ロラン役の声優さんは?

ロラン・セアック役を演じる声優は、朴ロ美さんです。

現在では「鋼の錬金術師」のエド、「BLEACH」の日番谷、「進撃の巨人」のハンジ役のほかにも、「∀」以降のガンダムシリーズにも何度か登場するなど、メジャーな声優として知られるようになった朴さんですが、「∀」以前は舞台女優として活躍されていました。

朴さんのロラン役の起用について、「∀ガンダム」の劇場版の舞台挨拶において富野監督が内幕を語っています。

富野監督が「∀ガンダム」の構想を考え始めていた1997年頃に、演劇集団「円」が伊豆・土肥で行った「菜の花舞台」を観に行きました。

ここに登場していた朴さんの演技を見て、監督が抱いていたロランのイメージとして声がぴったりだとひらめき、声優としてはどうかという意味も含めて「ブレンパワード」においてカナン・ギモス役に起用しました。

その後、「∀ガンダム」のオーディションにキエル・ハイム役とディアナ・ソレル役として来た朴さんでしたが、富野監督は最初からロラン役候補として呼んでいたので、ロランの台詞も言うことになり面食らったそうです。