機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)あらすじ・ネタバレ登場MS・キャラまとめ

2018年の4月20日に発表された宇宙世紀を舞台にしたガンダムシリーズ最新作「機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)」

かなりの人気が出たガンダムUCの一年後の世界を描いた作品ということで発表された当時もかなりの話題になりました。

公開予定は2018年の11月とのことで気づけばあと4ヶ月と迫ってきました、ユニコーンの続編ということで今現在発表されている登場機体などもユニコーンで出てきたモビルスーツに繋がりがあると思われる機体が見られますね。

11月公開に向けて今の時点でわかっている情報はチェックしておきたいですね、簡単にまとめて書いていこうかと思います。

機動戦士ガンダムNTの紹介動画

あらすじ

ガンダムユニコーンの話の中心となった「ラプラスの箱」。ネタバレになってしまいますが中身はニュータイプの存在とその権利に言及した「宇宙世紀憲章」でした。

ガンダムユニコーンのラストではその存在が明かされましたが結局、その後の世界の仕組みは大きく変わらなった模様。

ラプラス事変と呼ばれる戦いでは白き一角獣と黒き獅子の2つの機体がサイコフレームの力によって人知を超えた力を示しました。その戦いの後に2つの機体は人々の脅威となる2つの機体は封印され、忘れ去られるはずでした。

しかし、2年前に消息不明となっていた最後のユニコーンシリーズのRX-0 ユニコーンガンダム3号機が再び地球権に姿を見せ始めます

金色の“不死鳥”……その名は、フェネクス・・・

ユニコーンガンダム3号機「フェネクス」

UCの外伝の小説である機動戦士ガンダムUC 不死鳥狩りをプロットに用いて話が作られているみたいですね。間違いなく物語の中心にの機体はこのフェネクスでしょう。

見た目からしてユニコーンシリーズであることは分かりますが後ろに装備してある大きな翼のような武装が特徴的な機体、デザイン的にはこの機体もユニコーンやバンシィと同じく貴婦人と一角獣の絵からコンセプトを得ているでしょう。

おそらくデストロイモードも搭載していると思われます。まだ詳しい戦闘シーンは描かれていないのでどのような戦闘を見せてくれるのか楽しみですね。

ナラティブガンダム

主人公ヨナ・バシュタが搭乗するアナハイム・エレクトロニクス社製MS、タイトルであるナラティブ(NT)の名を持つことから前作のユニコーンのような立ち位置にある機体だと思われます。

この機体とフェネクスの戦いを中心に物語が進んでいくのでしょうか、それとも共に戦っていくのでしょうか・・・

νガンダムの試験機として開発され、各部の形状がνガンダムと同様のパーツ構成となっています、画像のままだと全く武装がないのですがこれは試験機としての運用が主な目的のためであり、「不死鳥狩り」作戦にはルオ商会の力を借り、複数の武装を換装して運用するというユニコーンに類似する点が多い機体です。

シナンジュ・スタイン

ガンダムユニコーンではフル・フロンタルの愛機としてバナージの大きな壁として立ちふさがりました。

スタインとは原石という意味で機体の色はあとにつけられるものという意味でこの名前がつけられています。フロンタルは赤いシナンジュに乗っていましたがガンダムNTではまた別の色にカラーリングされた機体が主人公の前に敵として出てくるのでしょうか、それともまた別の形で出てくるのでしょうか・・・

ヨナ・バシュタ

恐らく彼がガンダムNTの主人公でしょう。25歳。地球連邦宇宙軍所属。階級は少尉。

「不死鳥狩り」作戦の増援として送り込まれたナラティブガンダムのパイロット。ミシェルとリタの幼なじみ。少年期にオーストラリアで被災した過去を持つとのこと。

タイトルにもつけられているナラティブという名前のガンダムに登場することから物語の鍵を握る人物であることは間違いないでしょう。バナージと比べると年齢も9つも上ということで成長を描く話というよりも争いに対する葛藤を描いていくような物語の展開をしていくのでしょうか

ミシェル・ルオ

25歳。ルオ商会特別顧問。略筮法での占いに長け、政財界から絶大な信頼を得る。

「不死鳥狩り」作戦を展開するクラップ級宇宙巡洋艦ダマスカスに、増援のナラティブガンダムを伴って乗り込んでくるとのこと。占いというのはガンダムシリーズではあまり見られなかった単語ですね、物語にどういった展開をもたらすのか注目するポイントになりそうです

リタ・ベルナル

地球連邦宇宙軍所属。階級は少尉。消息不明となったユニコーンガンダム3号機フェネクスのパイロット。

少女期にオーストラリアで被災し、奇蹟の子供達と呼ばれた過去を持つとのこと。フェネクスのパイロットということで彼女も物語に大きく関わってくるでしょう。

この3人はPV映像では幼い3人の姿が見られるので幼馴染といった感じでしょう。物語を作っていく中心となる3人だと思うので要チェックですね。

まとめ

現在出ている情報はあらすじ、登場人物3人と登場機体3機体のみです。

UCの外伝の小説である機動戦士ガンダムUC 不死鳥狩りをベースに話が作られているようなのですが、似たような展開にしていくのかそれとも全く新しい展開を見せるのかはまだわかっていません。ガンダム市場を大きく盛り上げてくれたユニコーンの続編ということでいやが応にも期待は高まります。

タイトルのNTという文字をナラティブと読んでいる点も気になりますね、今までのガンダムシリーズではNTといえば「ニュータイプ」でしたからね。

ナラティブの意味は日本語では正確に表現出来ませんが1番ニュアンスが近い意味としては「物語」という意味になるみたいです。

各作品でも話の中心になっているNTをあえてナラティブとしているのはどういった意図なのか、ニュータイプが作るナラティブ(物語)という意味をこめたガンダムNTというタイトルなのか・・・今後の情報発表を待ちながら11月の劇場公開を楽しみに待機しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です