マキブONで初心者、中級者が勝率を上げる為の格闘の振り方&当て方

どもども、ゆーすけあんさーです。

今回は格闘はいつ振れば1番効果的なのかを説明していきたいと思います。

マキブONで格闘を当てるために

格闘とは射撃と違って当たれば大きなダメージを与えて一気に戦況を覆すことが出来ますがその分自分が攻撃を貰う可能性も高いというハイリスクハイリターンな行動です。

このゲームをやりたてだと相手との距離が近づくととりあえず格闘を振ってしまいがちですが、ただ格闘を何も考えずに振っても当たることはありません。

格闘が一番当たるタイミングとは?

格闘が1番当たる可能性が高い状況は「相手が自分に攻撃を当てようとして前ブーor斜め前ブーをした瞬間」が1番格闘を振るのに適している状況になります。

これはどうしてかというと、距離の問題になります。

相手が逃げているときに格闘を振っても相手は後ろに逃げているのでその分の距離が離されます。しかし、相手が追ってくるのであればこちらが格闘を振って近づけば距離は半分の距離で良くなります。格闘は距離が近くなれば近くなるほど当たりやすくなりますからね。

このとき、ただ相手が近づいてきてから振るのではなく、基本的には逃げる行動を取りながらその中のどこかで格闘を振るという選択肢をいきなり選ぶとより効果的です。

相手に格闘を振るタイミングがバレてしまうと今度は相手が格闘に勝てる選択肢を選んできますからね。

追う方は相手が格闘をいつ振ってくるかを読み、逃げているほうは追っているほうに読まれないタイミングで格闘を振る。単純な読み合いですがこういった状況はどの試合でも必ず起こる状況なのでそこで格闘を当てて自衛出るかどうかで試合の流れが大きく変わってしまいます。

細かい読み合いは実際に自分で試合の中で経験の中から覚えるしかないのでまずはこの追われているときの自衛の切り返しの格闘を覚えておきましょう。

格闘の種類と使う目的について

格闘にも色々種類がありますが今回は大体どの機体もレバーの方向によって使う目的が分かれているのでそれを紹介していきたいと思います。

N格闘

相手に最短距離で真っ直ぐに突っ込んでいくタイプの格闘。相手を追うときに使うときが多い。ダメージが高いものが多く、横格闘の初段を当てたときの次のコンボパーツとしてダメージを伸ばすときに使う時にも

横格闘

多少回り込みながら格闘を振るものが多い、BR程度の射撃なら避けられるのでBRを撃ちながら追ってくる相手に切り返しで振るのに最適な格闘。このゲームで1番振られているのはこの格闘だと思う、横格闘を信じろ

前格闘

N格闘と同じように真っ直ぐ突っ込んでいくがこちらは判定や発生が優れているものが多い、相手との距離が本当に近かったりするときはN格闘よりも前格闘を使うといいだろう

後格闘

相手を打ち上げるタイプのものが多い、コンボの〆に使って方追いにいこね

BD格闘

移動する距離が長く、相手を追うときに使うタイプの格闘。この格闘も基本的には真っ直ぐ突っ込んでいくものが多いので相手が射撃を撃ちたくないようなタイミングで使うのがいいだろう。最近は上に跳びながら相手に突っ込んでいくというとんでもないBD格闘が増えてきたので僕は驚きました。

だいたいこんな感じですかね、今回書いたのは自分のイメージする大体のキャラの格闘の使い訳なんでこれに当てはまらない格闘のキャラも全然いますんでまぁなんとなくのイメージだけ思い描いてプレイすると成長しやすいと思います。

覚えておきたい格闘の4つの要素

格闘には発生、判定、伸び、吸い付きの4つの要素があります。

発生は当たり判定が出るまでの早さ、これが優れていれば優れているほど同時に格闘を出したとき一方的に勝てます。

判定はかち合ったときの強さ、慣れている人だと相手の格闘を振るタイミングに判定の強い格闘を置いて判定勝ちを狙ったりまします。

伸びは格闘の届く距離、伸びがいい格闘だと機体そのものが弾になって突っ込んでるんじゃないかってくらい突っ込みます。

吸い付きは相手が追ってくるときに格闘を振ったときのなんていうんですかね、しっかり当たってくれやすさというかなんというか難しいんですけど。。。これがいいと相手と高度差があったりとかしてもしっかりと当たってくれます、運命のパルマとかイメージしやすいかな?結構重要な要素だと思います。

まとめ

とりあえず簡単にこんな感じでしょうか。

今回は全て非覚醒時で考えて書きました、覚醒中であれば機動力もブースト量も増えますから通常時よりも格闘を当てるチャンスが増えます。

初心者の人はとりあえず格闘を当てたい!という気持ちが出てくるのは非常にわかります。

覚えておいて欲しいのは格闘は「ハイリスクハイリターン」な選択肢であるということです。相手に読まれていると「超ハイリスク、ハイリターン」な選択肢となります。射撃だけでは勝てないし、格闘だけでも勝てません。

どこで格闘を振れば1番相手が嫌がるのかを考えてプレイすればおのずと格闘を振るタイミングがつかめてくると思います!