ビルドダイバーズ18話のネタバレや感想と見どころまとめ

開幕と同時にビルドダイバーズがマーク2、Z、ZZ、Hi-νガンダムをベースにした機体とバトル

G-5アタックというタイムアタックミッションに挑戦するリク、結果は10位。その上にはチャンピオンやオーガなどの上位ランカーが名を連ねていました

00036

つい最近までは素人だったリクがここまで上達することに驚きつつも嬉しそうな上位ランカーの面々

7位にランクインしているリクの師匠的な存在のタイガーウルフも「遂に、この俺の背中を捉えやがったか…、そそるぜ」と非常にかませ犬臭い発言をポロリ。狼なんですけどね

舞台は変わり、ビルドダイバーズのフォースネストに。船の上にプールを作った模様、夏といえば水着回

00050

バトルの後のリラックスタイムということで大丈夫かなと不安を感じつつもまったりするリク。そこに現れたタイガーウルフ

ANCB000615ANCB000695

タイガーウルフの所属する虎武龍が開催する実力のあるダイバーを招待して行われる龍虎祭にリクを招待し、1対1の対戦を申し込みます。メキメキと実力を上げて自分のすぐ後ろまで迫ってきたリクを対等なライバルだと感じでの勝負の申し出ということでしょうANCB000859ANCB000903_stitch

自分のガンプラの前でたたずむウルフの前にマギーさんが登場。公式戦の前に待てばいいのにとウルフを諭します。ウルフは以前にマギーさんに食って掛かって勝負を挑んでいたみたいでしたが結果は画像の通り惨敗。マギーさんTUEEEEEEE

リクに勝負を挑んだ理由は純粋にガンプラを向き合って強くなっていくリクを見て自分の原点を思いだしたからということ。バトル物の定番の熱い展開ですね、俺より強いやつに会いに行く

ANCB001110

リクがウルフと戦うためにガンプラを改修しているところにユッキーが登場。ウルフと戦う意味をイマイチ見出せていなかったリクに師匠を倒すことは恩返しみたいなものだよと、う~ん完璧に正妻。これでリクも戦う意味を見つけ、ウルフに勝つ決意をします

そして龍虎祭が開始

ANCB001431

選手として登場するのかコーラサワー・・・これは活躍が期待されましたがまさかの瞬殺w

 

ANCB001434

彼らしいといえば彼らしいですがせめて少しくらい戦闘描写が欲しかった・・・せっかくジンクスの指揮官機なのに

そうこうしているうちに試合は進み、そろそろリクの試合が始まることに

ここのモモちゃん可愛すぎでは???元ネタはおっさんだけども

00140

リクは今回の龍虎祭のために色々と新しい改造を施した模様。見た目的には変わりはないのですがしっかりと勝つために準備はしてきています

ANCB001586

ウルフ側では戦闘バカとガンプラバカがいちゃいちゃしていました。馬が合わないといいつつもなんだかんだ仲のいいこの二人

ANCB001599

しっかりとリベンジを果たしていました。こういった細かい描写がビルドダイバーズは多いので少しも目を離せないんですよね

 

ANCB001649ANCB001644

そしていよいよ二人の勝負が始まりました、リクの装備は射撃武装はついてなく、ウルフの得意とする近接勝負を仕掛ける様子

ANCB000007

開幕の合図と共に高速接近してリクをぶっ飛ばすウルフ。リクの機体の弱点は出力を上げるための両肩のバインダーが稼動範囲を狭めていることだと指摘します

ANCB001762

その弱点はリクもよく分かっていたようで今回の近接戦闘のために新しい戦闘スタイルを生み出していました。両肩のバインダーを下げて重心を低くすることで稼動範囲を広めつつ、上半身を軽くして武装を振りやすくする「ラッシュポジション」ガンプラならではの創意工夫ですね

ANCB001879ANCB001899

戦闘が進み、必殺技を繰り出すウルフですがリクは光の翼でこれを相殺。前回のバトルで合体した相手の攻撃も防ぐほどの出力を見せた光の翼。今回も活躍します

必殺技を防がれたウルフですがまだ本気は出していない模様

ANCB001957

リクはまだ本気のウルフを知らないんだよ、まぁ俺は知ってるけどねと言わんばかりのこの顔。絶対好きじゃんウルフのこと///

ANCB001965 ANCB001977 ANCB002011

全身に雷を纏い、リクに高速で突進する「雷神散打」完全にガイガイガーだこれ

ANCB002062

「必殺技にはな。応用技もあるんだよ。簡単には飛び越えさせねえ。砕かせもしねえ。俺は高くて分厚い壁だ!」

背中で語る男ウルフ。リクはダウンを取られたもののなんとか立ち上がりますがそこにウルフの容赦のない追撃が。もうだめかと思われますがサラちゃんがまだやれる、ダブルオースカイはまだ全部出し切ってないと結構スパルタなサラちゃん

ANCB002115

片目が光る演出は期待度が高いですよ

先ほどのウルフの必殺技は応用が出来るという言葉を聞いて何かを思いついたリク。しかし、すでに機体のダメージは大きく、思いついたことも機体にどれだけの反動が来るかわかりません。しかし、ここでやらなければ負け。意を決したリクが最後の勝負を仕掛けます

ANCB002156

 

ANCB002188 ANCB002201 ANCB002206 ANCB002214

光の翼の出力を武器に纏わせ、そこから新たなサーベルを取り出し、ウルフに切りかかります

ANCB002223 ANCB002230 ANCB002246

ウルフも必殺技でこれに応戦しますがそれを掻き消し、見事ウルフに攻撃を当てることに成功します

ANCB002308

しかし反動でダブルオースカイもボロボロに、もう立つことの出来ないリクを支えるウルフ

ANCB002345

今のリクの技が必殺技認定された模様。名前は後で自分で設定するのかな

ANCB002393ANCB002400

リクの新しい必殺技をほめるウルフ。恩返しは出来ましたか?とリクは尋ねていい雰囲気かと思いきやここでリクをぶっ飛ばすウルフ。必殺技にちゃんと耐えられる機体を作って出直してこいとのことでした。彼らしいといえば彼らしい〆かたでしたねw

ANCB002411

最初はリクが勝つかと思ってましたがまだ上位ランカーには届かないという展開でしたね、それでもギリギリの所まで追い詰めましたからリクの確かな成長が感じられました

ANCB002450

二人の戦いを偵察もかねて見ていたロンメル隊長。二人の戦いを見て思うところがあったのか、せっかく取った戦闘データを破棄してしまいます、かっこよすぎだろ・・・

ANCB002527

ガンプラを直してウルフに再戦を誓うリク。その姿が昔の自分そっくりだとウルフは爆笑して最後は終わりでした、いい師弟関係ですね

前は負けても何も感じることもないくらい差がありましたが今回ではしっかりとリクが悔しいと思うような描写が描かれていて強くなっているんだなぁと思いました。戦闘シーンも熱く、今回も最高に面白かったです!