ガンダムベースイベントin福岡行ってきた感想と戦利品公開!

先日、福岡で開催されている
【THE GUNDAM BASE TOKYO POP-UP in FUKUOKA】に行ってきました!

普段からガンダムのプラモを近くの模型店で物色している私ですが
こういったイベントに行った事もなく、
また東京のガンダムベースにも行った事が無かったので
当然の事ながらテンション上げ上げで行ってきました。

こういったイベントがあると教えてくれた友人には感謝です。

このイベントではガンダムベースで販売されているガンプラの他に
ここでしかゲットできない「イベント限定」のプラモが販売されていて
多くのガンダムファン、ガンプラファンが来場するようです。

実際、パルコ(福岡のショッピングモール)の8Fで開催されていたのですが
地元のガンダムファンに加えて、海外からのお客さん(多分、韓国の方ではないかと)もいて
それほど大きくないブースながら、お客さんは絶えず入場されている感じでした。

今回、私は平日に仕事をOFFにして行って来たのですが
なかにはスーツ姿で大量にガンプラを購入している方もいて
ガチ勢には仕事より大事なものがある!という事を見せつけられた瞬間も(笑)

でも、気持ちは分かりますね。
こういう限定品は早く行かないと購入できないパターンがありますから。

 

私がイベント会場についた時には、すでにクリアパーツのMGガンダムは売り切れでした。
この後、会場を回って色々と購入をしましたが
その間にクリアーグリーンのハロも売り切れていました。

そんなに早くなくなるの?と思いましたが
やはりそこは限定品、ここでしかゲットできないと分かれば
大量購入されていく方もいるのでしょう。

ちなみルールとしては一回の会計で一人2個までとされていましたが
ガチ勢であるならば保存用、素組用、カスタム用と3つは最低確保したいですからね!
物欲とは本当に恐ろしいものです(笑)

 

※保存用、素組み用、カスタム用:
名作「ガンプラ甲子園(コミックボンボン刊)」にて語られていた用語。
私は小学生の頃、この漫画を読んでプラモを購入するなら
3つは同一のもの購入しなければならないと学びました。

 

THE GUNDAM BASE POP-UP FUKUOKAのギャラリー

 

今回、せっかくこういったイベントが福岡でありましたので
記録として画像を撮ってまいりました。

個人的にガンプラ作製に参考になるものもあり、
また、現在販売されているガンプラの出来も見る事ができました。
非常に有意義なものでしたので、是非シェアしたいと思います。

個人的には小学生当時、作製したSDガンダムの
【飛駆鳥大将軍】(ビクトリー大将軍)がモデファイされていて
結構テンションが上がりました(笑)

当時と比較すると幾分、小さくなりましたが
フォルムのシャープさが増して、素組み状態でも
かなりヤバイ出来になっていると思いました!

 

みなさんも、もしかしたら幼き頃に作製したガンプラが
モデファイして復活しているかもしれません。
是非、探してみて作製してみると、きっと楽しいと思いますよ!

 

 

こちらはダブルオーダイバーとAGEマグナム(ビルドダイバーズ)の販売スペース。
完成品も展示してあるので、作製したらどんか感じか見る事ができます。

 

ガンダムベース限定のシナンジュ。メタリッククリアー塗装されているようです。
シナンジュっていろんなガンダムシリーズが登場するゲームで
結構、冷遇されているイメージがあるんですが、私は好きです。

 

 

クリアーのシナンジュ。私はこれをステルスシナンジュと呼ぶ事にしました。
なお、購入はしてません。赤いほうがカッコいいから。

限定トールギスⅡ。立ち姿がエレガント。これを友人が購入しましたが
中身はトールギスⅠの流用だったりします。出来は非常に良し。
やはりエレガントでした。

 

クリアカラーのジムスナイパーⅡ。量産型のロマン機体です。
これをカスタムしてエース機体に勝ちたくなります。

って妄想するくらい出来が良かったです。

 

ユニコーン兄弟のカラーチェンジ展示品。特に奥のグレー・バンシィの塗装が好きです。
たぶん、下地にメタリック入れた後にグレー塗装をして
2000番の紙やすりで下地を出す感じで削って、つや消しフィニッシュかと。

 

芸能人のつくるガンプラが展示されていました。
カスタムは人それぞれのセンスが出ますね。
配色だとか私にはないものだったので大変参考になりました。

 

歴代の主役機が勢揃いしていました。こうみるとνガンダムはデカイですね~。
こうやって自宅に飾っておくといいっていうのが参考になりました。
まあ、ガンプラつくるより、このブースをつくるのが大変そうですが。

 

販売品の展示ブースですね。素組みにつや消し塗装で仕上げてある感じでした。
購入する前に組み立てたらどんな感じか分かるようになっています。

 

 

あっ!飛駆鳥大将軍!と思ってこれだけは単体で撮りました。
SDガンダムの武者シリーズって子供っぽいとか言われるかもしれませんが
この感じ、好きなんですよね~。剣とか刀とかロマンあります。

 

 

もうひとつ単体で撮ったのがキュベレイ。
このクソデカマニュピレーターの解釈好きです。

確かキュベレイって北欧神話に出てくる怪物だったような…
調べればわかるんですが、そういった解釈を入れてつくるのもガンプラの楽しみ方だと思います。

 

 

こんなものもありました。連邦軍カラーのコスプレ服(展示品)。
赤のジャケットの肩に「BANDAI」の文字があるので
もしかしたらバンダイの制服なんでしょうか。

 

 

すーぱーふみなのサービスショットです。
このシリーズ、結構人気みたいですね~。つくった事はありませんが。
アーマーガールズプロジェクトっていうのもあるくらいですからね。
需要は半端ないかと。

 

ハロの小物入れも販売されていました!
友人はこれを息子に渡してNTに育成するわ、とか言っていましたが中身は空です。
あくまで小物入れのようです。しかし可愛い。

 

 

そしてこちらが今回の戦利品の限定Zです。
MGのZガンダムをつくった事があるんですが、あれ変形の為に腰の稼動を殺しているんですよね。
今回購入したのはフル稼働するHGのZガンダムです。

とりあえずこれを素組みして楽しみたいと思います!