EXVS2強キャラ機体修正後の現環境のおはなし

あけおめ、ゆーすけあんさーです。

初めての機体関連の修正が入って一週間ちょっと経ちました。暴れていたキャラの多くが下方修正を受け、そのキャラ上方修正すんのかいっというキャラが上方されました。年末がばたばたしてそんなに出来てなかったのですが最近は時間も取れて結構やってきましたので機体修正の感想やらを書いていこうかと思います。

一応新キャラのダリルアッガイも出ましたがあんまり強くなかったでしたね、エクバ2ではイロモノキャラよりも純粋なガンダムキャラが順当に強いゲームにしようという考えなのかな?修正とか新機体でいつひっくり返るかわかりませんが・・・

 

下方修正された環境キャラ

トールギス3

・・・暴れに暴れていたトールギス3が当然の下方。亜空間を切り裂いてダメージを与えていた神速のNサブの速さが落とされ補正も悪くなりました。射撃CSの発生が低下、メインの弾数と特射もついでに下方。あまりにもNサブが早すぎて近距離で振られてるだけでボコボコのボコにされるしかなかったのですがそれがなくなりましたね。それでも十分に強い武装ではありますがいい感じの下方修正だったと思います

ルプスレクス

・・・猛威を奮っていた射撃CSの誘導が低下。今までがおかしかっただけで修正後もしっかりと狙えば当てることは出来る武装に。体力の低下とアシストのリロードの低下、特殊移動中の斧みたいなやつのリロードの低下。こいつもまだ絶妙な修正でしたね、産廃になることはなく、十分に戦える性能を保っています

キマリスヴィダール

・・・ロックオン距離の低下とメイン射撃の連射数が20から12になりました。近距離寄りキャラなのに弾を撃ってるだけで相手は死ぬということがなくなりましたね。特殊格闘がしっかりとブースト消費するようになり、メイン撃って特殊格闘適当に振ってれば画面にWINが出るというキャラではなくなりました。それでもしっかりと強みは残っていますのでこいつの修正もかなりの良調整でした

レジェンドガンダム

・・・アシストが機体の向きが変わらなくなったので後ろを向きながらアメキャンで降りるということが出来なくなりました。スパイクのリロードも2秒増加。自衛の難易度が上がりましたが弾の強さは変わっていないので自力が更に求められるようになり、アメキャンしてりゃ自衛できるっしょということはなくなりました。だからといって産廃ということはなく、低コストの選択肢には以前残る調整になったと思います

メッサーラ

・・・鬼誘導鬼弾速の格闘CSが下方、以前に比べるとかなりおとなしめな性能になりました。変形時の特殊移動の距離が減ってリロードが長くなりました。今までは寄られたら特殊移動で一発で逃げれましたが不自然なくらい急速に減速するので自衛が難しくなりました。それでもメッサーラの変形を絡めた動きはいまだ強く、中距離の弾幕性能は目を見張るものがあるので十分に強いキャラだと思います

まとめ

オンラインで猛威を奮っていたこの5キャラが修正されました。今回の修正はかなり難しくて修正前は人も結構離れてしまっていたのでこの修正によってはエクバ2の人気が大きく動くと思っていましたが相当うまい修正を入れたと思います。

理不尽に強かったところはそのキャラの強みとしての性能は残しつつ下方修正をし、どのキャラも全く使えないということにはならない位置までの絶妙な修正だったのではないでしょうか。

ただ、自分の感想としては今の環境だとダブルオーがほんの少しですが抜けてるんじゃないかなーという感じがします。修正された5キャラと違って理不尽な強さは少ないのですが覚醒中の格闘チャージと生時のサブのリロードか移動距離あたりをちょっと下げれば全体的にいいバランスなのではないでしょうか?あとは下のキャラを少しずつ上げていく調整をすればかなりいい感じになりそうですね

そろそろ新機体としてフェネクスのキャラが解禁されそうですがヴィダールのように暴れすぎないことを祈りましょう・・・まぁ弱かったら弱かったで悲しいというジレンマ